タグ付き: Japan Club

2020年秋学期開始

2020年秋学期開始

受験者の皆さん、こんにちは 猛暑の中、試験勉強をしていただきありがとうございます。 アトランタは今年、涼しく快適でした。 MBAプログラムでは、8月にようやく秋学期が始まりました。 特に「新しいコロナウイルスの影響で授業スタイルが変わった」ということに興味を持っていると思いますので、今回は最新の学習環境をご紹介します。 エモリーGBS /キャンパス内オープニングポリシー 一部の授業では、秋学期から学内授業が再開されました。 ただし、すべてのMBA学生にキャンパス内のコースを受講するように強制するわけではなく、申請者は以前と同じようにオンラインコースを受講し続けることができます。 学生が学内に出席したい場合でも、秋学期にオンラインで担当するすべての講義を行う教授もいるため、学生は教授の学内/オンラインポリシーを検討する必要があります。 クラスを選択することをお勧めします。すべての選択科目の約半分は、秋学期にすべてのオンライン学期を実施するという方針を持っています。 残りの半分は、いわゆる「ハイブリッド」タイプのレッスンで、オンラインの学生とキャンパス内の学生が共存します。 (したがって、授業中のグループワークの場合、キャンパスで授業を受けている場合でも、Zoomを使用したオンライン会議になります) オンラインクラスを受講する際には、事情により米国外に滞在する学生もいることを考慮し、すべてのクラスを記録・配布し、最大限の配慮をしています。 感染防止策 学内への進学を希望する学生は、大学が実施するPCR検査(無料)を受験する必要があり、陰性である必要があります。 名門医学部のあるエモリーだけが驚くほどスムーズに検査できました。 マスクはキャンパス内のどこにでも着用する必要があります。 そのためのマスクも大学から配布されました。 (エモリーのロゴでかなりかっこいいです) ビジネススクール施設の学生数は限られているため、ビジネススクールを共有する学部生はオンラインコースのみを受講でき、MBA / EMBAの学生のみがキャンパスでコースを受講できます。 キャンパス内の教室の数を制限することに加えて、消毒剤を設置し、社会的距離を徹底的に実装し、常にドアを開けるだけで十分です(換気やドアノブなどの人の手が触れる領域を減らすため)。 対策が講じられています。 クラスの合間には毎回、掃除と換気が行われます。 プログラム事務局と教職員は、これまでと同じ質の授業を提供できるよう最善を尽くしており、一緒に授業を受講している学生は、「現状について文句を言わないでください。現状を受け入れ、頑張ってください。」 以前のようにクラスメートと直接会う機会がありませんが、秋学期を積極的に乗り越えていきたいと思います。