タグ付き: LinkedIn

サマーインターンシリーズ:AMRITHAALLADI-ホームストレッチ

サマーインターンシリーズ:AMRITHAALLADI-ホームストレッチ

ここAPでのインターンシップの最終週であり、本当にやりがいのある経験でした。 私はまだ12週間がどれほど早く経過したかを信じていません! 私のメンターは、B2Bマーケティングをよりよく理解するように私を導き、数週間にわたって、彼らは私に割り当てのより多くの所有権を与えてくれました。 インターンシップの最初の部分は、さまざまなビジネスユニットのスピードを上げて理解することでしたが、後半は、戦略の策定と、リード生成を促進するためのキャンペーンの最適な実装方法に関する推奨事項の提供についてでした。 Goizuetaで学んだマーケティングの概念だけでなく、戦略的および分析的なスキルを適用することができました。 私のインターンシップのハイライトは、APイメージ、APモバイル、APアーカイブ向けの実用的なソーシャルメディアキャンペーンを設計し、APが今後の本格的な計画を策定するための基礎として使用できるガイドラインとベストプラクティスを開発することでした。 たとえば、私は地域のAP局長に、ソーシャルメディアを使用してAPビジネスを促進するようにトレーニングしました。その結果、州のFacebookアカウントの半分以上が投稿を改善しました。 これは、FacebookでAPブランドを宣伝し、その製品やサービスへの関心を高めるための最初のステップです。 さらに、Salesforceベンチマークデータに基づいて、APモバイルアプリのテスト広告キャンペーンをFacebookで開始しました。 ここでは、特定の情報が入手できないギャップを埋める必要があったため、ヌーナン教授の経営実践コースで学んだ推定手法を使用して、値を概算しました(あいまいさへの対処について話します!)。 また、ハミルトン教授の黄金律に基づいて、キャンペーンごとに1つの顧客セグメントのみをターゲットにすることをお勧めします。ターゲットは1つだけです。 テストキャンペーンの結果を使用して、APモバイルチームに、Facebook広告がベースラインの数値よりも12%高いインストールをどのように促進できるかを示しました。 また、何がうまく機能し、次に何を変更するかについてのガイダンスも提供しました。 これらの洞察は、2014年のマーケティング戦術を策定するために使用されます。 LinkedInプロジェクトに関しては、ロンドンのカウンターパートと協力して、APの製品とサービスの範囲をより適切に反映するようにLinkedInに掲載されているAPの会社を改善しました。 LinkedInが今年の夏に展開した新しいスポンサーアップデート機能を介してコンテンツマーケティング戦略を推奨し、APアーカイブがそれを試すことができる実用的なテストケースを設計しました。 スポンサーアップデートを使用すると、アップデートごとに最大20の新しいリードが発生すると予想されます。 このように、私の貢献は、APが各ビジネスユニットのニーズに合わせてさらに磨くことができる戦略の基礎を築きました。 もちろん、その過程で課題がありました。 多くの組織のソーシャルメディアの取り組みに当てはまるように、各プラットフォームで計画、コンテンツの投稿、および関与を行うための帯域幅は限られています。 この課題の一部は、特定のソーシャルメディアイニシアチブに具体的なROIメトリックを割り当てることが困難であり、利害関係者がそれらの取り組みをサポートすることを思いとどまらせる可能性があるという事実から生じています。 そのため、私は個人的な目標として、実用的ですぐに使用できる計画を残し、各APビジネスがオンラインで簡単に参加できるようにすることを目標にしました。 これらは、今後のテンプレートとして使用できます。 さらに、私が提供するすべての推奨事項が企業のマーケティング目標に結びつくことを保証し、それによって利害関係者がそれらを実行する際の明確な価値を提供します。 もう1つの課題は、APは非常に広大でグローバルな組織であるため、コンテンツの投稿方法に一貫性を持たせることを目標にして、顧客向けのプラットフォームが統一されていることです。 これらの課題は、貴重な学習体験をもたらしました。 元ジャーナリストとして、私はメンターに頼って、マーケティング担当者のように考えるように指導してくれました。これは、MBAの夏のインターンシップの経験からまさに探していたものです。 以前のインターンシップとは異なり、今回のインターンシップでは、自分の経験を他のインターンと共有し、そこから学ぶ機会が何度もありました。 APビジネスアソシエイツプログラムが手配した昼食と学習のセッションは、APのさまざまな業務を理解するのに役立つことがわかりました。特に、他のインターンとのプロジェクトで部門間で作業する機会を高く評価しました。 インターンシップは、AP通信のCEOであるゲーリー・プルイットとの2時間のグループディスカッションで、私たちの成果を発表するチャンスで最高潮に達しました。 私はソーシャルメディア広告の知識を高め、コンテンツマーケティングについて学び、B2B環境での経験を積みました。 とりわけ、私は自分自身について学びました。 私にとって、私が働いているのは業界、部門、または職務ではなく、仕事の日常的な側面をどれだけ充実させるかということであることに気づきました。 私は何を探すべきか、そして私が最も満足していると思うものを知っています。 なぜなら、敬意を払って、それは教科書、教授、あるいは最も経験豊富なメンターから学ぶことができるようなものではないからです。 それはあなたが自分で理解しなければならないことです。